* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはりアマチュアの祭典!

2012/08/15 20:30 ジャンル: Category:2012年☆日記☆
TB(0) | CM(0) Edit

さてとではもう1つ(笑)。
今回は先に書いたようにかなりハードな観戦スケジュールであったため、余りblogを書くことが出来なかった。加えて、やはり先に書いたように、情報過多で追跡に忙しく、大分気が散っていたというのもある。見事な決勝戦だった、よし次!!!的なね(笑)。

ただし、感涙の涙に咽んだことも多々あり、男子競泳4×100mメドレーも素晴らしかったし、柔道女子の松本選手の決勝戦も緊張感マックスだったし、その他『その他』で括るのが大変申し訳なく感じるほど(笑)、様々に素晴らしい試合を見させていただいた。
中でも私が最も手に汗握り、これぞスポーツ(観戦)の醍醐味だよ!と興奮したのはやはり、フェンシングの男子団体戦。準決勝を見ていて『あ~、もうだめだなぁ』などと思ってしまった矢先、残り9秒というアナウンサーの言葉と共に始まった会心の連続ポイント。延長戦開始後の決勝ポイント。あれはもう。。。今思い出しても鳥肌が立つ。
かなり充実した観戦日程だったものの、実は陸上を余り見ていない。毎回、競泳の次は陸上と、後半戦の要とも言えるポジションではあるが、残念ながら日本人の活躍が見られるのは予選の時間帯にほぼ限られる。それでも、いつもなら外国人選手の華々しい活躍を見るだけで胸躍るのだが?
今回は後半戦に入っても各種競技の日本人選手の活躍目覚しく、正直陸上どころじゃなかった。もちろん、日本人選手の活躍はしっかりと見届けた。しかしその合間を縫ってレスリングだとか体操個人だとか卓球だとか女子バレーだとかボクシングだとか、んまぁ~忙しい忙しい!(笑)。
これまでなら予選や初戦などで敗退して後半戦に生き残らない競技の数々が、準々決勝、準決勝と勝ち進み、ベスト4、決勝戦!などに駒を進めた証と言えるだろう。
テレビで良く言われているように、『チーム力』が大きな鍵となった感のある本大会、仲の良い選手達を見ていると応援にも知らず力が入ってくる。加えて個人的には、世代交代の良し悪しも、大きな鍵を握った大会だったように思われた。
そんな中、これまでマイナーと言われてきた競技の若い選手達が、自らの選んだ競技の明日を担って躍進する姿は実に爽快感があり、ベテランも負けじと長年の夢を達成すべく奮闘し、『20数年ぶり』という快挙が次々と達成されたことは、メダル数史上最多の38個という成績よりも、讃え尽せない見事な実績になったと言えるだろう。
残念ながらその逆もあり、若手がゆえに失敗したり、ベテランであるがゆえに押さえ込まれたりした場合もあるわけで、こればかりは、どれほど研究を重ねても解明できない法則なのだろうと思う。

快挙達成に関して印象深いのは、やはり男子ボクシングの清水選手、村田選手の活躍。村田選手に至っては、日本人には不利と言われた階級で、48年ぶりの金メダル!まさか、まさか勝って頂けるとは、最高に格好良かったです。
翌日に続いた男子レスリング66キロ級の米満選手の24年ぶり、38個目のメダル(しかも金)という、クラクラするほどの興奮への引き金になった。それにしてもこの決勝は本当、レスリングの面白さと興奮を濃縮したような4分戦だったですね。
さてさて、ボクシングの村田選手のアマチュアにかける想いというのが、この優勝で表に出た。プロを断ってアマチュアとして戦い続けた清水選手と共に強い熱意が伝わってくる。オリンピックに出るために、だからこそオリンピックで得た金メダルへの想いなどなど、『アマチュア』であり続けることの意味や意義を、簡潔にインタビューで語っておられたのがとても印象的だった。
アマチュアだからこそ得られるもの、それこそがオリンピックの栄光。オリンピックを頂点として目指すために、収入の良いプロを断るその心意気。オリンピックファンとしては、なんともお礼のしようがないほどのことなのです。
オリンピックが愛される所以には、道具的動機がより少ない、それだからこそ純粋に競技と強さを競う心理にあるのではないかと思う。限定されるからこそ価値が高まる勝者への賞賛、全てを犠牲にしても得ることが困難な参加する権利なのではないかと思う。
誤解を恐れずに言うならば、世界トップクラスの国が出場し、年齢制限の無い女子サッカーの金メダルと、年齢制限があり、世界の強国のほとんどが出場しない男子サッカーの金メダルに意味の違いがあると、私は思うのです。
プロにはプロのステージがある。サッカーならワールドカップがあるように。やはりオリンピックは、アマチュアの祭典であって欲しい。世界最大のプロのスポーツ大会ではなくて。ただ純粋にがむしゃらにスポーツをやる人たちで輝かせて欲しい・・・と思うのは、私の我侭なんだろうか?
日本は、オリンピック招致を目指して数年前から多くのスポーツの支援枠を増やしているという。よりお金をかければ、その分強くなる。その方程式は解るし、続けて欲しいとも思う。しかしながら勝手ながら、アマチュアの心までは、買い取らないで欲しいと願う。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。