* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『女が嘘をつくとき』

2012/09/06 21:06 ジャンル: Category:読書【ドラマ】
TB(0) | CM(0) Edit

リュドミラ・ウリツカヤ 著/沼野 恭子 訳/CREST BOOKS
聡明で優しいジェーニャは、夫との離婚後に訪れた療養地で、魅力的な女性と出会う。彼女の語る波乱に富んだ人生に魅了されたジェーニャだったが・・・。時は過ぎ、成長した息子と過ごす夏の休暇。そこで出会った幼い少女の言動に驚くジェーニャ。人生において節目に出会った女性たちのウソと目論見に心揺さぶられながらも、自らの信念を守ったジェーニャに訪れた運命の瞬間とは?

邦題も悪くは無いと思うのだが、少しばかり『嘘』という言葉に誘導されてしまうような気がする。結局のところ、自身の人生だってなかなかに波乱に富んだものであったジェーニャだが、単純に良くある小説のようにその流れを追うのではなく、ジェーニャとは対極にいるような女性との邂逅を起点に描いている、それなりに視点の変わった作品・・・というところ。
故にジェーニャの人生の背景はほとんど語られないが、出会った女性たちを通して必要な情報は全て得られるし、最後に起こる『事件』によって、この物語の主人公がやはりジェーニャであることが解る。
女たちの嘘により深い意味は無く、それは彼女たちを語る一種のモチーフに過ぎないのだが、タイトルからして『嘘』を全面に押し出されると、そこに明確な『オチ』があるような期待をしてしまう・・・のは私だけだろうか?
ジェーニャとは違うタイプの嘘を付く女性たち、嘘を付かざるを得ない女性たちというフィルターの向こうに、はっきりとしたジェーニャの人柄が見える構成。語らない事がむしろ効果的ですらあり、大きく動く後半に至って、ジェーニャが触れてきた嘘の意味が多少なり解る気がした。なるほどね!と、遠回しだけど上手い手法だな、などと変な感心をしてみたり。
例えばハードボイルドや、(読んだこと無いけど)ヘミングウェイが『男らしい』作品と言うなれば、本作はまさに『女らしい』作品。終始柔らかいトーンに包まれているようで、たまにはこんな作品も良いと思った。


女が嘘をつくとき (新潮クレスト・ブックス)女が嘘をつくとき (新潮クレスト・ブックス)
(2012/05/31)
リュドミラ ウリツカヤ

商品詳細を見る

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。