* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダブリンの中日

2012/09/30 03:18 ジャンル: Category:Travel #2012/09#
TB(0) | CM(0) Edit

,27.09.2012 ダブリン
今回で4度目のダブリンなので、中日はキルケニーにでも行こうか?と思っていたのですが、前日の移動がだいぶ堪え・・・。以前はそんなこと無かったのにな、歳のせいかな?などとアンニュイに浸りつつ、遠出はあっさり却下。
27日の木曜日は、アイルランドを造った・・・もとい、ギネスの父、アーサー・ギネスの誕生日などにちなんでアーサーズ・デイと呼ばれております。
アー、サーズデイ、だから毎年木曜日にやるんだと、どんだけギャグ?んで、毎年17時59分に『To ARTHER』と乾杯するのですが、なんで?という疑問は友人Fumieさんにて解消。1759年開業だからだそうな、どんだけギャグ?

前回アイルランドを訪れた際は、丁度アーサーズ・デイ直前にアイルランドを発って悔しい思いをしたのだが、別に今回は狙って中日にしたわけじゃありません(笑)。とは言えせっかくなので、ののさんFumieさんダブリン在住コンビに『らしい』パブに連れてっていただくことに。
候補にされたパブの側にGlasnevinという墓地があり、有名人も多く眠っているということでちょっとした観光スポット。しかしダブリンから少々バスで離れた場所なので、これまで行こうとも思わない以前にその存在さえ知らない場所だった。
ついでだからその墓地に行こうということで、連れて行って頂いた。何しろダブリンの市内バスは勝手がわからんことこの上ない。ロンドンのバスはだいぶ使いこなせていたのだが、アイルランドは全くだめ。まず第一、次のストップのアナウンスが無い、都営バスも乗れないのに、こんな不親切なバスなんざもっての他。私意外と、乗り物音痴なんです、ヨーロッパ1人で巡っちゃうくせに(笑)。

誰かに着いていくのはなんて楽チンなんだろう・・・と私が幸せを噛み締めている間に墓地に到着。生憎の薄曇ではあったが、雨が降らないだけまし。友人ののさんとまず向かったのは、アイルランドの英雄、そう、『マイケル・コリンズ』のお墓。綺麗に整備されて御花も満載、さすがに英雄。

その後はとりあえず『有名人』と思ってうろうろしたのだが、何せ基本は『普通』のお墓なので、特に目立つ看板も無く、見つけるのが大変。お墓なので好き勝手歩くわけにも行かず苦労したが、ほぼ『観光』に担ったお墓見学は完了した。
丁度そのころ、もう1人の友人Fumieさんと合流し、『ボビー・サンズ』のお墓も紹介して頂く。というか、共同墓地?なんですかね?モニュメント?(←解ってない(笑))。
しかしイーモン・デ・ヴァレラのお墓は、家族共有の墓のせいか見つけにくい場所にあってわりと簡素。その他ジェイムス・ジョイス・・・の、ご両親のお墓も発見。しかしパーネルさんのあれは・・・お墓か?オコンネルさんのお墓は・・・というか霊廟だね。

その後まだ少々時間があるので、隣接するボタニックガーデンにも行き、生暖かいグラス・ハウスで暖を取る・・・違った。実は結構温室好きなので、これはこれで楽しかった。

時間が迫ってきたのでお薦めのパブに行き、アーサーズ・デイを祝うべく17時59分を待った。
そのパブは私の想像する『らしい』を通り越した『らしい』パブで、とても素敵なお店。地元のまさに『陽気なアイリッシュ』が集い、だいぶ後手後手の『To Arther!!!』コールをし、次第に夜が更けていったのだった・・・。

とか、終わらない(笑)。

夜もたけなわになってくるとパブもだいぶ賑やかになり、英語が話せるご友人らは隣の団体と仲良くなっている(笑)。私も少々交ぜてもらったりして、普段の旅行では滅多に無い地元の方との交流も楽しめた。
帰りはパスになかなか乗れなくて、バス停にいた兄さんと友人と3人で市内までタクシーの相乗り。3等分で良かったものの、兄さんが2/3は払ってくれるという男前ぶり。
深夜に差しかかろうかという頃に、友人と2人でハンバーガー屋に入って、何の気なしに周囲の雑踏を眺める。これって、これまで無かったダブリン滞在だな・・・などとぼんやり思う。
アイルランドスキスキを地味に公言してきて、ある意味で私を拾ってくれた友人達。ただスキなんだと呟くだけの私とは違い、独力でアイルランドで暮らす人達。そんな友人等にお付き合い頂いて、これまでにない充実した滞在となった。何となく、日常を感じる滞在が出来たかななどと思う。
旅先で日本の友達に会うと、なんだか日本にいるような錯覚を覚えるが、それでもやはり外国。たぶん違うのは、共に過ごす友人が、現地に住んでいるというところなんだろうな。これまで経験してきた旅行とはまた違った楽しい滞在をを楽しんだ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。