* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリ2日目

2012/10/03 03:04 ジャンル: Category:Travel #2012/09#
TB(0) | CM(0) Edit

01.10.2012 パリ
パリ・・・私はパリに破れるのか・・・。とアンニュイな気分になりつつも、敗れている場合ではないので頑張る。
前日の疲れかまたしても寝坊し、ホテルを出たのは9時半過ぎ。駅に行き、2日通しの地下鉄券を買おうと思ったら、窓口があり得ない長蛇の列。販売機は『フランス語表示のみ』で、試してみたけどどうやら2日券は売っていないらしい。10回数券に使用と思ったが、値段が余り変わらないので悩む。
とりあえずツーリストインフォメーションに行ったが、すこぶる解りにくい場所にある上に、オフィスに入れるのは1組のみという小ささ。外に長い列が出来ている。ここでミュージアム・パスを買おうと思ったのに、並んでいる時間も勿体無い。
ということで期待を込めて結局一駅先まで歩いたが、やはりフランス語のみの使えない販売機で諦めて1回チケットを買い、乗り込んだ電車は反対方向だったので元いた駅に戻るという漫才張りのおばかさん。

ようやくルーブル美術館のある駅に辿り着いたのは既に1時間を経過した頃だった。しかし駅がアホみたいに広い!その上迷路みたいだし、相変わらず標識は『フランス語』ばっかりだし。周囲には半数くらいの韓国、中国、日本からの旅行者がいるのに、どこまで冷たい国なんだよ・・・あんた。
ということで、ルーブルの駅に降りた途端、正直東京ドーム埋まるんじゃないの?というぐらいの人の半数くらいが東アジア人。主に中国人。そりゃあたしもしつこいくらいに『ニーハオ』言われるわな。
タバコ屋でミュージアム・パスが売っているので買おうかと思ったら、なんと現金のみ。お伝えしたようにキャッシュカードが使えないので、現金は貴重なんす。
諦めて周辺をうろうろしてみたが、どうも周りにいはパスが帰る店が無い様子。何より、もう既にげんなりして歩きたくない気分。
仕方が無いのタバコ屋に戻り、現金で39ユーロのパスを買う。これでむやみやたらと美術館に行かないと元が取れないことになりました(笑)。
そんなこんなで、美術館に入ったのは12時頃。パリ経験者で北駅からの距離をご存知の方なら、どれだけ右往左往して時間がかかったかお分かりと思うが、笑っちゃうぐらい時間かかってます。

そんなこんなでようやく入ったルーブル美術館なんだが・・・?ダメだわこりゃ、いかんわこりゃ。人が多すぎで広すぎで解りにくい!広さと人の多さにかけちゃヴァチカンの美術館も負けてはいないと思うが、なんなんだろうな、この見辛さ?ウィフィッツィ美術館に似てるかな?
所蔵品も実際大したことないんだね(笑)。イタリアの本場の壮麗さを知っちゃうと、ルネッサンス美術なんてまぁまぁの部類だし、やはりフランスは印象派か?などと知ったかぶりをしてみちゃう。

とにかく人と広さで参って早々に美術館を出たのだが、それでも2時間半くらいいたかな。その後はまたしても混乱極まる電車に乗って、ノートルダム大聖堂へ。さすがに壮麗な美しい場所で、思わず身が引き締まるよねぇ。特設展のおばちゃんの態度最悪だけど(笑)。
ミュージアム・パスを買ったので、何が何でも使っちゃる!ということで、塔を上ってみた。
フィレンツェのジョットの塔に告ぐ吐き気満載の行程。昔の人って本当凄いよねぇ。限られた資材と技術で、これほど沢山の階段を・・・。もう1つ凄いと思うのは、長すぎる年月を経て、大理石の階段が凹んでいること。もちろん近年は観光客が沢山やってきて毎日物凄い数の人が登るのだろうけど、それ以前に、コツコツと日々この階段を登った司祭などの姿を思わず想像しちゃう。大抵は陰鬱なモンクがろうそく持って暗い中をひたひたと・・・ってな想像(笑)。

それにしても、とにかく何にでも並ぶ並ぶの名所巡り。見学は並んだ時間の半分もかからなかったりする。日本人は並ぶの好きだよね、などと良く小ばかにされるが、フランス人は並ばせるのが好きだよね!
結局並んだ時間のお陰で、ノートルダム大聖堂を出たのは5時近く、館内見学など出来るものはもう時間が無い。ならば街中見学か?などと考えていたところ、ソルボンヌ大学の哲学教授だという男性に声をかけられた。
良い人そうだったので(笑)。バスティーユまでのんびり散歩がてらパリ案内をお願いし(というか半ば強引に着いてきたという(笑))。ついでにスーパーの場所を教えてもらい(聞かなかったら全然解らない場所にあった!)、無料ガイドにジュースを奢ってもらい(ワインは飲めません!と先手を打った)、バスティーユの牢獄ってもう無いの?と聞いて『だって・・・革命でなくなったし』と言われて生き恥を晒し、買った荷物を持ってホテルまで送ってもらい、『じゃあ!さようなら!』という事で明日も会う約束をしつつこの日は無事終了(笑)。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。