* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハピネス』

2013/01/24 21:18 ジャンル: Category:読書【ドラマ】
TB(0) | CM(0) Edit

ウィル・ファーガソン 著/村井 智之 訳/アーティストハウスパブリッシャーズ
出版社で自己啓発本の編集者をしているエドウィンは、ジェネレーションX世代の代表として、とかく不満を抱え込んで生きていた。そんなとき、デイジーの花のシールが付いた、ある原稿が持ち込まれる。一見くだらない作品に思えたが、運命の悪戯かこの世の定めか、ゴミ箱から一点出版する運びに。瞬く間にベストセラーとなったその本は、世界中から苦しみや不安を拭い去り、物質的な生活から精神性の高い生活へ人々を誘った。結果、消費世界は崩壊し、世界中がハピネス一色に!そんな世界が我慢ならないエドウィンは、何とかして『世界を救おう』とするのだが?

どう捉えるか、どう捉えたら良いか?いささか悩むよね(笑)。ファンタジーなのか大真面目なのか、物語の論点はどこにあるのか?面白いとは思いつつ、違った意味では笑いのツボがどこにあるのかも悩んでしまった。
大体ね、どれほど良く書けていようとも、ほぼ全世界の人が読んだだけで生活の全てを変えてしまうほど啓発されるなんてことは、絶対にあり得ない。世界の人々はそれほど画一化されていない。それに、もしそんなことになったら、世界で『本を読むことが贅沢』とされているような地域が、どれほど多いかも如実に解るだろう。
と言って、その部分を却下してしまうと、当然この物語は全く成り立たない。ならば、どこまでをファンタジーとして受け入れれば良いんだろう?なんて、変なモヤモヤがあって(笑)。まァ別に、全てを素直に受け入れれば良いんだけどね?それを拒む何かがあった。エドウィンの正確かな?捻くれていて何か癇に障る(笑)。
いずれにろ、たった一冊の自己啓発本によって世界の人は『ハピネス』を手に入れる。彼らの言うハピネスとは、誰も苦しまない、悲しまない、自然と一体になって、自給自足の日々を送ること。まぁ、ヒッピーですよね(笑)。ただし世界中がヒッピーになってしまう。しかも煙草も酒も無しの清い暮らし。
そして当然のことながら、資本主義の卑しい部分が浮き彫りになってくる。しかしシビアに考えれば、やはりその卑しいというか嫌らしい部分が無ければ、世界は回っていかないだろう?と個人的には考える。そうした部分に関して矛盾した描写も多々あったが、概ね壮大な法螺を上手いこと現実的に転化していて面白かった。
それ以外特に、この物語から得るものは無かったのだが(笑)、やはり私も本読み、『私が山の上で学んだこと』を一度は読んでみたいと思った(笑)。

ハピネスハピネス
(2002/11)
ウィル ファーガソン、村井 智之 他

商品詳細を見る

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。