* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『 俺の職歴 ゾーシチェンコ作品集』

2013/03/28 19:58 ジャンル: Category:読書【コメディ・その他】
TB(0) | CM(1) Edit

ミハイル・ゾーシチェンコ 著/ロシア文学翻訳グループクーチカ 訳/ 群像社ライブラリー
革命で社会主義となり、階級が消えて労働者が国を作る・・・はずのロシア社会。同士と共に底辺階級で働く人々は滑稽にペーソスたっぷりに日々を生きる。子守の子供をだしに物乞いをする老女、馴れないアジ演説で混乱を呼ぶ男、淑女気取りの女性に四苦八苦する紳士気取りの労働者、時は混乱のロシアで、人々は太く逞しく可笑しく生きていく。

こういう作品をただ「面白い」と言って読める世界だったら良かったのに。ってやはり思う。ロシア版ウッドハウスかと思うほどの滑稽さなのに、系譜はカレル・チャペックなんだよねぇ。この活き活きした切れ味の良い作品を書いた人が、のちにその舞台となった愛着感じる国にメッタ打ちにされてしまうなんて・・・口惜しいという以外に何を言えと?
社会主義の言論の制圧に翻弄されたこうした作家の足跡を辿ると、ウッドハウスがナチ擁護として弾劾された事実なんて、なにやら取ってつけたようにすら感じてしまう。
本作の中に詰め込まれた陽気さと労働者階級の人々に対する愛情、ただ楽しく読むことが、作者への最高の賛辞になると私は信じたい。今ロシアは変わった、これからも変わり続けて行くだろう。今の世界を作者が見て、新たな小咄を思いついてくれたらと思う。
そして人々は変わらない、愛すべき姿があるはずだ。出来れば私は、ゾーシチェンコの世界で生きる労働者でありたいと思う。最高の短篇集に出会えて感謝です。

俺の職歴―作品集 (群像社ライブラリー)俺の職歴―作品集 (群像社ライブラリー)
(2012/03)
ミハイル ゾーシチェンコ

商品詳細を見る

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/04/11 20:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。