* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ナツメグの味』

2013/03/28 21:03 ジャンル: Category:読書【幻想・奇想・奇譚】
TB(0) | CM(0) Edit

ジョン・コリア 著/垂野創一郎 他 訳/ KAWADE MYSTERY
彼らの職場にやってきた新人は、おとなしく何かを秘めた雰囲気だった。彼の持つ意外な過去とは?マネキンに本気の恋をした青年の数奇な運命とは?少年には見えない友達がいた。父親はそんな息子に現実を教え込もうとするのだが・・・。アイルランドの旧家には、美しい馬に乗った美しい女性が住むという。壜に詰められた不可思議な物たち。中には絶世の美女や魔法使いなんてのもいて?滑稽な話、怖い話、真面目な話、色々あるけれど、どれも少し、不思議な話。

ナツメグの味/特別配達/異説アメリカの悲劇/魔女の金/猛禽/だから、ビールジーなんていないんだ/宵待草/夜だ!青春だ!パリだ!見ろ、月も出てる!/遅すぎた来訪/葦毛の馬の美女/壜詰めパーティ/頼みの綱/悪魔に憑かれたアンジェラ/地獄行き途中下車/魔王とジョージーとロージー/ひめやかに甲虫は歩む/船から落ちた男

紹介に『サキのような・・・』云々とあったので借りてみたが、全然違うじゃん(笑)。いわんとすることは分からなくもないのだが、簡単に言ってしまえば、サキはもうちょっとというか完全に地に足はついていたわけで(笑)。
本作の短編には、死神、妖精、悪魔、幽霊などなどが登場する。もちろん普通の人々だけが出てくる物語もあるのだが、大方の終わりはピリっとした恐ろしさがある。サキはもうちょっと温かいというか、ね?捻った面白さという点は確かに当てはまるが、それを言ったら大方の著名な作家の作品は当てはまってしまうのでは?なんて。
とは言え、十分好みの作品ばかり。世界各地を転々とした作者だからか、とらわれない舞台設定が面白い。ヨーロッパの各地の特徴を上手く生かした不可思議な物語もたくさんあって面白い。もちろんアイルランドも登場し(笑)、まるでアイルランドの作家が書いたのかと思うほどの重厚な霧をまとったような短編が紡がれる。
本当に背筋がゾッとするような結末もあるが、『魔王とジョージーとロージー』のように滑稽な作品があったり、『地獄行き途中下車』のように洒落た面白さの作品もある。どちらのテイストが良いか甲乙つけ難い。もちろん個人的には楽しい話の方が好きなのではあるが、『夜だ!青春だ!パリだ!見ろ、月も出てる!』のような素っ頓狂な(笑)作品も結構好きだし、『異説アメリカの悲劇』のように、少々人を喰ったようなサスペンス仕立ても面白いと思う。
多才な作家なのに、日本では余りまとまって読めないのが至極残念な作家なんである。とは言え、まだ何冊かは楽しめそうなので、それは追々その内に。

ナツメグの味 (KAWADE MYSTERY)ナツメグの味 (KAWADE MYSTERY)
(2007/11)
ジョン コリア

商品詳細を見る

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。