* WanderLust *=memorandum for me=

読書はライフワーク、映画鑑賞は人生の潤い、旅行は趣味にしたいなぁ♪日記は日々の覚書き。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『卑しい肉体』

2013/05/02 22:28 ジャンル: Category:読書【ドラマ】
TB(0) | CM(0) Edit

イーヴリン・ウォー 著/ 横山茂雄・佐々木徹 責任編集/新人物往来社
アダムはフランスで自伝を書き上げ、ようやく故郷イギリスへ戻ってきた。しかし税関で自著を取り上げられ、入るはずの原稿料どころか前金の返済まで迫られる。なんとか窮地を切り抜けたものの、はずみで婚約したニーナとはこの先危うい状態だ。夜な夜な遊び呆ける『陽気な若者たち』に交じって、人生をたゆたうように生きるアダムは、ゴシップ記事のコラムニストとなって若者たちの姿を追う。しかし時代は移り変わり、世界は新たな戦争へと踏み出して・・・。

イーヴリン・ウォーとくれば、そりゃ読む(笑)。本作の雰囲気は、『大転落』と『回想のブライズ・ヘッド』の中間ぐらいね。P・G・ウッドハウスを崇拝していたというウォーが、ウッドハウスの世界に独自の切り口で迫ったという雰囲気が無いでもない。国書刊行会のウッドハウスシリーズの中だったと思うが、E・ウォーが書いた『ウッドハウスもどき』を読んだことがあるが、悲しいかな出来の悪い模倣に終わっていたように感じたものだが、そもそもこの方、作風がウッドハウスとはだいぶ違うのだから仕方がない。逆にウッドハウスには、『回想のブライズ・ヘッド』のような作品は書けなかったろうと思われる
更にウォーを擁護するなら、彼の生きた時代にあると言えるだろう。陽気な貴族社会は鳴りを潜め、戦争につぐ世知辛い世の中がお出迎えした時代。かつての陽気さも現代の万遍ない裕福さも無い時代とあっては、ウッドハウスを気取るのも辛いだろう。
そんな微妙な次期を巧みに切り取ったと言える本作。貴族社会の栄華の残り香を必死に掻き集めようとする若者たちの陽気さには一抹のもの寂しさがつきまとい、話題とも言えないゴシップにうつつを抜かす世間の人々。気楽に世を渡っているように見える主人公アダムにしても、陽気さに成り立つ日和見主義とは一線を画し、どこか必死に気取らない様を演じているように見える。
古き良き時代と現代の、いわば谷間のような世代をすくい取ったような本作。後書きの解説によれば、ウォー自身も山あり谷ありを乗り越えつつ書き上げた作品のようなので、いささか支離滅裂に感じる全体の雰囲気も、さもありなんという感じ。その先に危険や怠惰が待ち受けていると分かっていながら、若いということが当たり前にやめられない人々の姿。この危うさは実際の出来事がどうであれという以前に、抽象的な部分でまさに『若さ』そして『青春』なんである。飄々とした独特の語り口といささか奇想天外な物語ではあるが、これもまさしく『青春小説』に他ならない。

卑しい肉体 (20世紀イギリス小説個性派セレクション)卑しい肉体 (20世紀イギリス小説個性派セレクション)
(2013/03/14)
イーヴリン・ウォー、大久保 譲 他

商品詳細を見る

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

hiyo

  • Author:hiyo
  • たった二つの趣味、映画と読書を中心に、日記を書いてみたいと思います。
    最近、自分の時間を充実させたいな、と結構真剣に思っていたりして。文章を書くのも結構楽しいし、誰かが通りすがりに読んでくれたら、嬉しいかな、とか思っている。
名言・格言集
Now on-line
現在の閲覧者数:
Thanks for visiting
カレンダー
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
googleで検索
2011年読書記録更新中!
今はこんなところ・・・
hiyo07さんの読書メーター
携帯でも、読みたいですか?
QR
Blog Ranking
ちょっと登録してみたよ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。